Web制作を外注する事を考えてみる

>

ビジネス及び本業でのHP,趣味及び副業でのHP

ビジネスフィールドでのWeb構築の場合

Web制作を他の人に頼む利点について考えていきましょう。
Webの歴史を考えてみると、HTMLのみの時代から、CSSやJAVAなどが当たり前になってきたように、Web制作の環境も日々進化してきています。
仮に自力で、Web制作をすると本業が忙しい間に「自分の知らない技術が当たり前になっていた」なんてことも、十分に考えられます。
また、特に物販をされている方にとってはSEO対策が、生命線になる事は言うまでもありません。

これら事を考えると、少なくともビジネスフィールドでのWeb制作では、常に最新の業界動向を熟知している専門家にWebを依頼しないと、時代遅れのサイトになりかねません。

以上から、自身は本業に注力すれば良いのです。
月々の更新フィーに関しても、高くない必要経費になるはずです。

デメリットですが、Web制作費が必要となるくらいだと思います。

趣味または副業の分野でのWeb構築の場合

趣味、または副業となると、必ずしも外部に任せる必要はないかもしれません。
Web制作の場合、ページ制作後もメンテナンス、更新などで細かい作業が発生します。

本業で、これらを経費内で考える事が出来れば良いのですが、そうでない場合は負担になってくる可能性もあります。

特に副業の場合、副業と言えどビジネスなので、更新料を払う余力がないからといって、更新をしない事はお客様にとっての裏切り行為になりかねません。

また趣味のWebサイトでも、物販等をしている場合はビジネスとなりますので、副業と同じく責任が生じます。
それでも自力でサイトを作りたい場合、物販はあきらめる、物販のみ専門のサイトにリンクをして対処する等の工夫が必要になります。