Web制作を外注する事を考えてみる

>

Webを自分で作ろうとする時の盲点とは

自分でもHP出来そうだけど

HP制作ソフトも進化を遂げて、ビギナーでもそれなりのWebサイトを作成する事が可能になりました。
そして、自分で作れば人にお金を払わずに自分のWebサイトが出来るわけです。

でも、考えてみてくださいHPの効果は、訪れてくれる人が判断するものです。
他の制作物にも言える事ですが、経験が浅いと完成形を客観的に見る事は難しい事です。

いつもあなたが何気なく見ている他のHPもよくみれば、マーケティング、デザイン、SEO対策など細かな配慮がなされているものが多い事が分かると思います。
ビギナーの場合、こういうきめ細かな配慮をすることは、中々難しい事です。

ですのでHPを自分で作っても、それを客観的に判断すると、修正が少なからずある事が分かると思います。
そうです、プロのWEBデザイナーレベルまではいかなくとも、それに近づかなくてはそもそもHPを作る意味がなくなっていまうのです。

では学校とか通信教育で習う?

効果的なHPを作るにあたり、本格的にHP制作を学ぶ事を考えてみましょう。

誰かから学ぶと言う事は、まず授業料が必要になります。
専門学校では講師が生徒の理解度を把握しながら授業を進めますので、高い確立でスキルを習得する事が出来ますし、比較的短時間でHP制作のノウハウを学ぶ事が出来ます。
但し、授業料はそれなりの金額になります。

その他、通信教育で学ぶ方法があります。
この場合比較的授業料は安価ですが、教師の細やかな助言がないため、不明点の解決にそれなりの時間がかかります。

どちらにしてもお金と時間が必要になるのです。
でもよく考えてみましょう、HPを作ると言う事は、そのHP開設が必要になったビジネスなり発信したい趣味などがあるはずです。

そう、最低限それにかかる時間は、ホームページで公開するビジネスまたは趣味に使うべきではないでしょうか。